環境事業

太陽光発電システム 導入のメリット

環境保護に貢献。CO2排出量を減らすことができます。

日本における温室効果ガスの排出は、大半が産業活動に起因しています。そのため、産業界における徹底した省エネやエネルギー転換などが求められ、これからより積極的な対策が期待されます。
まずは企業から地球温暖化を防ぐという大きな課題に取り組むことになっていくでしょう。企業が今後も発展していくためには、今まで以上に環境に対して考えていくことが必要になってきます。

企業評価を高める。CSR(企業の社会的責任)からくる信頼性をアピールできます。

環境保全に取り組むことが、企業の社会的責任(CSR)となった今日、太陽光発電の導入は、CO2削減などに貢献できる「目に見える」環境対策になります。
太陽光発電を導入することで、環境問題に取り組む積極的な姿勢をアピールすることは、企業に求められる社会的責任を果たすことへつながり、企業評価を高めます。さらに従業員の環境意識も高め、エネルギーコストの低減も期待できます。

非常時でも安心。停電時等の緊急時でも安心安全に勤務が可能です。

自然災害などの緊急事態に直面した場合でも、企業は的確な判断を下して事業を継続し、早期に全面復旧を目指すBCP(事業継続計画)の策定が求められています。企業内で発電ができる太陽光発電システムは、BCP策定に不可欠な設備で、停電時等の緊急時に予備電源として活用することで、非常時の安心を確保することができます。