2018年度 新卒採用情報

現場紹介

  • field01
  • field02
  • field03
  • field04

(仮称)介護老人保健施設 葵の園・小田原新築工事

プロジェクトメンバー
根城 智弘 所長
根城 智弘 所長
建築事業本部 神奈川工事部 所属 課長
平成20年8月 入社 43歳
建築インテリア課 卒
一級建築施工管理技士
私の仕事

仕事の様子私の仕事は、現場所長として予算管理、工程管理、安全管理をしっかりと行い、地図に残る建物を作ることです。又、建物は建てたら終わりという訳ではなく、お客様はこの土地に住むわけですから、近隣の方に出来る限り迷惑を掛けないような配慮も必要となります。常にお客様が何を求めているかを考え、コミュニケーションをしっかりと取りながら提案・打合せ等を行い、より良い建物を完成させることを心掛けて仕事をしています。

仕事の様子
私のヒストリー

仕事の様子現場所長として最初に配属された現場は横浜の分譲マンション(規模は24世帯、3LDK)でした。設計変更が多く工期も短かったので大変だったのですが、中でも日照権をめぐり近隣住民からの苦情が相次いだことは本当に苦労しました。本来なら事前に近隣説明会などを重ねることで理解を得て、晴れて着工という運びになるところ、そこが充分でなかったために現場所長の私のところに苦情が集中してしまったのです。
当然、会社からのバックアップはあったものの、近隣の方々の作業時間などに対する監視の目は厳しく大変でした。

あれから10年以上経ちますが、一番苦労した現場でした。ただ一つ救われたのは、一緒に現場を担当した入社1年目の新人がガッツのある奴だったことです。私も所長1年生でしたが、彼にとってもなれない環境の中で相当辛かったものと思われるのによく付いてきてくれました。最後の仕事は外構アスファルト舗装で、終ったのは竣工検査の前日の夕方五時。終った時はホッとして思わず涙が出ました。